アスタリフトホワイトを使うには、やはりライン使いすることが理想的、効果的と言えます。

 

各アイテムを順番に使うことで美白対策やシミ対策としての効果が発揮されるように設計されているからです。

 

ただし、当たり前のことですがライン使いするとお金がかかります。

ここは悩ましいところですね。

 

考え方としては、無理にラインに属する全アイテムを使おうとするのではなく、自分に合ったもの、また自分にとって必要なものを取捨選択することが大事です。

 

アスタリフトホワイトも含めたアスタリフトシリーズは、2007年の発売以来累計で100万人の利用者がいるブランドで、販売ルートも多くのドラッグストアなどの店頭で気軽に買えるブランドとなっています。

 

多くのユーザーがいるアスタリフトホワイトというコスメをひとつの基準として、一度はライン使いしてみることで、他の利用者のクチコミなどと比較してみることで人の自分の肌の個性や相性が見えてくると思います。

 

その結果を見ながら、アスタリフトホワイトのラインのうちで「買うならこれだけ」「美容液だけ」といった判断をするとよいと思います。

 

ラッキーなことに、アスタリフトホワイトのラインを5日間、格安でおためしできる公式のトライアルキットも販売されています。

 

このトライアルキットを使ってみて、できればメーカーサポートと話をみてみてほしいです。

 

みんなどうしているのか?自分にとって必要でしっかり機能してくれるアイテムはどれなのか?

 

これは合うけど、このアイテムは合わないので別メーカーのものを使おう、とか判断できるようになると思います。

 

まだアスタリフトホワイトのラインナップを未体験なら、この際なのでぜひトライしてみてください。

 

→アスタリフトホワイトのライン使いを5日間体感できる格安のトライアルキットはこちら!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

このサイトの目次

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトのライン使いはどう?

アスタリフトホワイトの各アイテムを使う際の順番を示した図

 

アスタリフトホワイトをライン使いしている人はたくさんいて、おおむねライン使いしている効果については良好な評価をしているようです。

 

一般的にスキンケアには手順というものがありますね。背景には、やはり肌は基本的には外部から来るものは弾く性質がありますので、そこに馴染ませる過程が必要です。

 

さらに個別のアイテムごとに効能や配合成分も異なっていて、役割も違いますね。

 

アスタリフトホワイトの個別アイテムのもつ機能や配合成分については下でも解説しますが、各アイテムは形状も異なれば機能性も配合成分も異なってきます。

 

アスタリフトホワイトにも推奨される各アイテムを使う順番が提案されていて、上の図の1~5という順番で使うことがオススメとなっています。

 

※2020年3月に、アスタリフトホワイトのラインに「アスタリフトホワイト エマルジョン」(美白乳液)という新しいアイテムが登場しました。この「エマルジョン」の使う順番としては3と4の間か、もしくは4の美白クリームの代わりにどちらかを使う、という位置づけになりそうですね。

 

そして、図をみてもらうとわかると思いますが、先行美容液(ブースター的役割も)から、メイクをする直前のUVケアまで、それぞれに役割があることがわかると思います。

 

どのアイテムも単品で塗りっぱなし、ではせっかくの機能性がもったいないことになりますし、期待できる効果も減ってしまいますので、それぞれを連動させて使うことがポイントです。

 

またどんな商品もそうだと思いますが、他社アイテムを混ぜて使った場合のこと想定されて開発されていませんので、その意味でもライン使いすることがおすすめです。

 

ただし、ただし。

やはりライン使いすると、費用がかかります。

 

アスタリフトホワイトのトライアルキットに入っている5品全部の本商品を購入すると定価で28,700円(税抜)、公式の10%割引を適用しても25,830円(税抜)です。

それぞれのアイテムが1ヶ月分だとして、年間では税込みでは30万円を超えるほどの費用がかかります・・・。

 

一度本体を買って、その後は詰替え用のレフィルの利用に進めば少しは負担は軽くなりますが、それでも大変です。安くはない・・・というか、高いですね。

 

ライン使いしたいのはやまやまですが、平均的な世帯収入の家庭の主婦では簡単に手を出せる金額ではないです。

 

実際に多くの人がこの問題を抱えていて、結局のところ、他社のプチプラアイテムにアスタリフトホワイトを単品使いか一部のみを使ったりしているようです。

 

ライン使いは努力目標として、単品使いするならどれがいいか?買うならどれ?美容液だけ?化粧水だけ?という声に応えるように、下で、どの単品使いがおすすめか自分なりにまとめています。

 

まあはっきり書きますが、アスタリフトホワイトがいくら人気だと入っても、ライン全部のアイテムがあなたの肌に合うか?必要か?というと、決してそんなことはないと思います。

 

肌への馴染み具合も含めて、少なくとも一度トライアルしてみることは強くおすすめしておきます。

アスタリフトホワイト公式の美白トライアルキット

 

 

ちなみに、アスタリフトホワイトのラインナップとは、どのアイテムのことを示しているのか?

 

アスタリフトホワイトのラインに該当する各アイテムを紹介しておきますね。

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトのラインナップとは?

商品名 役割 おすすめ度 トライアルキット
同梱
ライン
アスタリフト
ジェリー アクアリスタ
先行
美容液

世界最小ナノセラミド
AL本体
アスタリフト ホワイト
ブライトローション
【医薬部外品】
美白
化粧水

ナノAMA+
AL
アスタリフト ホワイト
エッセンス
インフィルト

【医薬部外品】
美白
美容液

ビタミンC誘導体、ナノライスクリア、ナノAMA+

AL
W

アスタリフト ホワイト
エマルジョン
【医薬部外品】
美白
乳液
(2020年3月1日発売) AL
W
アスタリフト ホワイト
クリーム
【医薬部外品】
美白クリーム
ナノAMA+
AL
W
アスタリフト
D-UVクリア ホワイトソリューション
UVクリア美容液、化粧下地
Deep紫外線から肌を防御

AL

UV

 

アスタリフトホワイトのラインナップに属するアイテムは、上表の5品です。

 

これはアスタリフトホワイトのトライアルキットに同梱されるアイテム群です。

 

スキンケア時に使う順番ですが、上から順番に使うように推奨されています。

 

いちばん右側の列で「ライン」として示していますが、正確には先行美容液のジェリーアクアリスタはアスタリフト本体、D-UVクリア ホワイトソリューションはUVケアのラインに属しています。

 

つまり「アスタリフトホワイト」というラインは、アスタリフトというコスメブランドの中で美白対策やシミ対策用におすすめなアイテム群を集めたニックネームのようなもの、というように覚えてください。

 

ライン中のおすすめ度に関しては、あくまで個人的な感覚と、クチコミなどの反応をみて思っているところですが、単品使いの場合の目安として見てください。

 

おすすめは

  • ジェリーアクアリスタ(先行美容液)
  • エッセンスインフィルト(美白美容液)
  • D-UVクリア ホワイトソリューション(UV美容液、兼、化粧下地)

の3品です。

 

この3品は、特にクチコミの評判がいいです。

 

ただしただし・・・

 

どれを選ぶかはスキンケアの目的次第。

何を目指すか?という点をよく整理しましょう。

 

アスタリフトホワイトの美白ケアの主力としては、美白美容液のエッセンスインフィルトが上げられますが、美白化粧品、美白クリームに配合されているスグレモノの成分でエッセンスインフィルトには配合されていない成分もあります。

 

目的によっては、むしろ美白化粧品、美白クリームをしっかり使ったほうがいいのでは?と思うところもあります。

 

どのアイテムも頑張って開発されていますが、単品使いでは効果ない?という状況になるかもしれません。

 

具体的には下の「化粧水だけ?」「美容液だけ?」の使い方のところで解説しますね。

 

では、次はアスタリフトホワイトをライン使いしている人の声を取り上げてみますね。

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトをライン使いした口コミ

星が並べて書いてある黒板の写真

 

アスタリフトホワイトのライン使いのクチコミについては、アスタリフトホワイトの開発販売メーカーの富士フィルム公式ショップで拾えます。

 

公式ショップのクチコミなんて、悪い口コミは排除していいことしか書いていない、と思われるかもしれませんがけっこう辛口のコメントも見られるので参考にしてみるといいですよ。

 

結論から言うと、ほんとのほんとにライン使いしている人は少なくて、ホワイトのラインの一部を使っている人やアスタリフトの他のラインのアイテムを使ったり、他社のアイテムを組み合わせたり・・・それぞれで使い方をカスタマイズして使っている、という人が多いのが現状です。

 

アスタリフトホワイトをライン使いしている人のコメントをいくつかチェックしてみました。

 

40代の敏感肌の方は、美白化粧水「ブライトローション」だけでなくて、ライン使いして「想像以上に良い」とコメントしています。

 

また40代普通肌の美白クリーム「クリーム」を使っている人では、ライン使いしている結果かも?と断りつつ、クリームの馴染みの良さについて実感をコメントしています。

 

また20代乾燥肌の女性は、美白美容液「エッセンスインフィルト」についてコメントしていますが、肌の調子が良くなるとのことですが、夏はアスタリフトホワイトのライン、冬はアスタリフトのライン、と双方を使いこなしているようです。アスタリフトブランドの愛用者ですね。

 

またライン使いまで至らなかった人のクチコミも少なからずありますね。

 

20大女性は、美白美容液「エッセンスインフィルト」へのクチコミとして「お値段ほどの変化は感じなかった」とコメントしています。

 

また30代後半の乾燥肌の女性は、先行美容液「ジェリーアクアリスタ」への感想として「化粧水のサンプルもラインで使用してみたけどピンと来ませんでした」とコメントしています。

 

悪い口コミについては、ラインと言うよりも個別アイテムが合わなかった、という問題があったようでライン使いまで至っていない人もいるわけですね。

 

いずれにしろ、アスタリフトホワイトのライン上のアイテムは単品のみで他社アイテムを組み合わせている人も多そうです。

 

アスタリフトホワイトのリピーターさんのよくクチコミで見かけるのですが「化粧のジャマをしないアイテム」という評価があります。

 

アスタリフトホワイトのアイテムは、他社アイテムとも合わせやすい感じもします。

 

結局のところは、コスメは相性の問題もあります。コスメ側は合わせてはくれませんので、とにもかくにもお試ししてみて、自ら確認するしか無いわけですね。

 

格安の公式トライアルキットは、その意味でもありがたいですね。

 

→アスタリフトホワイト、まずはトライアルキットでお試ししてみましょう!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトは美容液だけで使える?

アスタリフトホワイトの主力商品の美白美容液「エッセンスインフィルト」ですが、もちろんこの美容液だけでも効果は期待できます(医薬部外品)。

 

エッセンスインフィルトには、美白対策として効能が認められているアルブチンというビタミンC誘導体が配合されてますし、何よりも、エッセンスインフィルトの独自成分の「オリザノール乳化物(うるおい成分)」という成分が配合されています。

 

詳しくは公式ショップなりの解説をぜひ読んでほしいのですが、ざっくりいうと肌の中にはシミの元になるメラニンが付着する柱のような構造があります。これを富士フィルムでは“シミの骨”と読んでいますが、この「オリザノール乳化物(うるおい成分)」によって、そもそもシミの色が付着するこの“骨”を分解してしまえ、というシミ対策の考え方です。

 

ただし、当たり前の話ですが、一般的にはスキンケアとしては美容液のみだけでは成立しません。事前にこの美容液を肌内部に導くブースター的な成分や作業が必要なわけです。

 

またせっかくの美容成分も、上から閉じ込めることも必要なので、よりテクスチャがしっかりしたクリームなどの利用が望ましいですよね。

 

そして、触れておきたいのは、美白化粧水「ブライトローション」や美白クリーム「クリーム」には「肌のくすみ」をターゲットした「フェルラ酸」という成分が入っています。実はこの「フェルラ酸」は、エッセンスインフィルトには入っていないんですね。

 

アスタリフトホワイトのクチコミを見ると、他社の美白ラインと同様にシミ対策としての即効性は難しいと実感している人が多い中で、肌の明るさや透明感が改善した、という声も多いです。

 

その意味では、むしろ肌のくすみ対策にチカラを発揮するフェルラ酸配合の美白クリームや美白化粧水のほうがよい可能性もあります。

 

上で、スキンケアは目的次第、と書きましたが、シミ対策にこだわって時間がかかってもエッセンスインフィルトで根本的解決を続けるか、それとも比較的早めに成果が出る顔の明るさや透明感を狙うか。

 

それによってアスタリフトホワイトの美容液中心で行くか、それとも・・・という判断は分かれると思います。

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトは化粧水だけでも使える?

アスタリフトホワイトの美白化粧水の「ブライトローション」は、エッセンスインフィルトが登場する前ではアスタリフトホワイトのラインの主力でした。

 

上でも解説しましたが、肌酔い状態を改善する機能を持つ「フェルラ酸」という成分が配合されており、アスタリフトシリーズの定番的成分「ナノAMA」に+がついて「ナノAMA+」という成分体として配合されています。

 

単品でも医薬部外品ということもあり、かなりの高機能美白化粧水ということは言っていいと思います。

 

「ナノAMA+」は、美白クリームやD-UVクリア ホワイトソリューションにも配合されていますが、なんと現在の主力のエッセンスインフィルトには配合されていないです。

 

お金の話はしないとするなら、できれば“シミの骨”を分解するオリザノール乳化剤と、くすんだ肌酔い状態の解消に機能するフェルラ酸を配合するアイテムのどれか、この2つをセットで使うことをおすすめしたいです。

 

アスタリフトホワイトの主力としてのエッセンスインフィルトは、実際にクチコミと人気は上々で、その影で化粧水やクリームの存在がかすみがちですが、肌の明るさや透明感は人と合うときの印象に大きく影響を与えますので、くすみ対策として頑張ってくれる化粧水かクリームは正直外したくないアイテムだな、と考えます。

 

みなさんのスキンケアの目的次第ですが、改めてどんな自分になりたいか考えてみるとよいと思います。

 

ただ、いずれにしろ、アスタリフトホワイトは化粧水だけ、という使い方ではもったいないです。

 

他社商品と組み合わせるにしても、まずはラインで使って試してみることをおすすめします。

 

→ アスタリフトホワイトのラインの5品目が1,100円送料無料で5日間試せます。

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトのラインで、買うならどれ?

富士フィルムアスタリフトホワイトのラインナップ

 

アスタリフトホワイトのライン中の各アイテム、予算がないからライン使いはしないけど、単品使いはしたい、買うならどれ?という声が聞こえます。

 

上でも答えを表示しましたが、改めてまとめ的にアスタリフトホワイトの個別アイテムで買うべきはどれ?についてまとめを書いておきますね。

 

おすすめは

  • ジェリーアクアリスタ(先行美容液)
  • エッセンスインフィルト(美白美容液)
  • D-UVクリア ホワイトソリューション(UV美容液、兼、化粧下地)

の3品です。

 

シミ対策、美白対策をするなら、まずは美白美容液のエッセンスインフィルトはぜひおすすめしたいところです。

 

ただし、どんなよい成分の美容液やクリームを使うにしても、それを受け入れるための

事前の土台作りと、あとは肌への刺激として対的な紫外線対策のこの2つが抜けてしまうと、全く無意味です!

 

どんな目的があろうとも、スキンケアの基本中の基本は保湿と紫外線も含めた肌刺激の排除です。

 

その意味では、他メーカーの美白ラインもそうですが、アスタリフトホワイトのクチコミを見ると保湿力についてはあまり評価していない声もみられます。

 

保湿は、ホワイトのラインと言うより、アスタリフト本体のラインから何らかのアイテムで補うべきですね。

 

ジェリーアクアリスタは、人の肌との相性がいいヒト型セラミドを配合しているので、これで保湿は十分とはいいませんが、ケア前の土台作りの意味も含めて、ぜひ一緒に使って欲しいアイテムです。

 

ジェリーアクアリスタは、全てのスキンケアを始める前の土台作り、という意味では、他社メーカーのアイテムとも相性はいいようです。

 

アスタリフト ジェリーアクアリスタのおためしは、3つの公式トライアルキットで試すことができます。

 

アスタリフトホワイト公式の美白トライアルキット(美白系)

アスタリフト公式、本体のトライアルキット(エイジングケア、保湿)

アスタリフト「ジェリー アクアリスタ」単独のトライアルキット

 

スキンケアのニーズと言うか目的というか、に合わせて選んで使ってみてください。

 

 

続いて、アスタリフトホワイトの各アイテムの利用方法について紹介しておきます。

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトの使い方

 

アスタリフトホワイトのラインの5品目について、その使い方を紹介しておきますね。

公式サイトから画像を引用してみましたが、基本的に普通のスキンケアと動作ややることは一緒です。

 

あまり擦らない、は大事です。肌への刺激はNGです。

 

またアスタリフトホワイトの各アイテムには、アスタリフトブランドの特徴的な赤い色がついています。抗酸化成分のアスタキサンチンの色ですね。

 

この色は衣服に付いてしまいますので、顔に付ける前に一旦手にとって色がなくなるぐらいまで体温でよく馴染ませてから肌につけるようにすると良いでしょう。

 

では使う順番にひとつひとつ紹介していきますね。

 

1.ジェリーアクアリスタの使い方

アスタリフト「ジェリーアクアリスタ」の使い方を紹介する図

図の引用:富士フィルム公式サイトより

 

【ジェリーアクアリスタの使い方】

  1. 適量を手に取り、手のひらであたためてから顔全体にやさしく伸ばします。

  2. 手のひらで顔全体を包み込み、やさしくなじませます。

  3. 肌がもっちりと手に吸い付くように感じられたら、引き続き、いつものお手入れをはじめましょう。

 

 

2.アスタリフトホワイト「ブライトローション」の使い方

アスタリフトホワイト「ブライトローション」の使い方を紹介する図

図の引用:富士フィルム公式サイトより

 

【ブライトローションの使い方】

  1. ご使用量を手のひらで温め、肌へ浸透しやすくします。

  2. 顔全体にやさしくなじませます。

  3. 手に肌がもっちり吸いつくように感じられたら、うるおいで満たされたサインです。

 

 

3.アスタリフトホワイト「エッセンスインフィルト」の使い方

アスタリフトホワイト「エッセンスインフィルト」の使い方を紹介する図

図の引用:富士フィルム公式サイトより

 

【エッセンスインフィルトの使い方】

  1. 適量を手に取り、顔全体にやさしくのばします。

  2. 指の腹をくるくるとすべらせ、肌になじませていきます。

  3. 指のすべりが止まったら、美容成分浸透のサインです。

 

 

4.アスタリフトホワイト「クリーム」の使い方

アスタリフトホワイト「クリーム」の使い方を紹介する図

図の引用:富士フィルム公式サイトより

 

【クリームの使い方】

  1. 適量を手に取り、顔全体にやさしくのばします。

  2. 指の腹をすべらせ肌になじませていきます。

  3. 目もとや口もとなど気になるところには、さらに少量を取り、ぬり込みましょう。

 

 

5.アスタリフト「D-UVクリア ホワイトソリューション」の使い方

アスタリフト「D-UVクリア ホワイトソリューション」の使い方を紹介する図

図の引用:富士フィルム公式サイトより

 

【D-UVクリア ホワイトソリューションの使い方】

  1. スキンケアの後、適量を手に取り、顔にのせます。

  2. 少しずつていねいに引きのばすように、顔全体になじませます。

  3. 気になる部分にもう一度、重ねぬりをします。

 

ちなみにD-UVクリア ホワイトソリューションは、キャップの部分にとても面白い工夫がなされています。

 

D-UVクリア ホワイトソリューションは、紫外線の中でも最も強烈なDeep紫外線をカットしてくれますが、チューブのキャップの部分で、Deep紫外線がどの程度来ているのかを確認することができるようになっています。

アスタリフト「D-UVクリア ホワイトソリューション」のキャップの部分の図

このキャップはトライアルキットに入っているミニ仕様のチューブにも付いているので、トライアルキットを買ったら、ぜひ紫外線チェックを楽しんでみてください!

 

以上、アスタリフトホワイトのラインの各アイテムの使い方をまとめてみました。youtubeなんかをのぞくと、公式も含めて色んな人がアスタリフトホワイトの各アイテムの使い方を動画にしてくれてます。いろいろ見てみてください。

 

アスタリフトホワイトの使い方の注意点としては、よくいろんなコスメで、使ってみたけど効果がなかった、残念とかクチコミもありますが、意外とこういう使い方をすっ飛ばして自分流の付け方をしてしまっている人が多いようです。

 

新しいコスメやスキンケアを試すときには、この使い方の確認は必須ですよ。

 

→まだアスタリフトホワイトのライン使いを試したことがない?ならばこの格安トライアルキットをおすすめします!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトの使う順番

アスタリフトブランドのスキンケアのステップのチャート図

 

上図のように、アスタリフトホワイトのラインナップは推奨される使う順番が決まっています。といっても、一般的なスキンケアの順番といっていいと思います。

 

ただし、人気商品の先行美容液で「ジェリーアクアリスタ」というアイテムがあり、それは洗顔の後、美白ケアを始める前、化粧水の前に使います。

 

なぜジェリーアクアリスタが人気か?というと、全てのスキンケアの前に肌の状況を整えてくれるので、その後のただでさえ浸透性のよいアイテム群の成分が馴染みやすく浸透しやすくしてくれるわけですね。

 

ジェリーアクアリスタがなぜ先行して使われるかというと、2つ理由があります。

 

ひとつは、洗顔後の素の状態で、ナノ化されたヒト型セラミドを肌に浸透させますので、保湿成分が肌内部に取り込まれることになるわけです。

 

なんというか・・・お酒を飲みに行ったとして、悪酔いしないように先に高タンパクな食べ物をいに入れておくように、お通しとしておつまみが出てくるような感じですね。

 

ナノ化されているとはいっても、色んな物を塗った後では、逆に浸透しにくくなってしまう、ということもあると思います。

 

もうひとつの理由は、ジェリーアクアリスタは形状的に復元力があります。肌内部に浸透することで、肌内で不規則になった構造をちょっと立て直してくれるわけですね。すき間もできるでしょう。

 

例えるなら、洗いたてのタオルを干さないで縮んたままで乾かして使うと、なんだか水の吸いが悪いけど、ちゃんと干すとタオルの織られた繊維が広がって水分の吸収が良くなりますね。そんな感じの作用をしてくれるわけです。

 

ジェリーアクアリスタに話になってしまいましたが、この土台作りというか段取りみたいな機能がとてもよく働くわけですね。

 

クチコミをみると、ジェリーアクアリスタは後で他社メーカーのアイテムを塗ってもしっかり機能するようなので、そこが人気の秘密かもしれません。

 

なお、アスタリフトホワイトのトライアルキットにはクレンジングや洗顔剤拭き取りローション(クリアトリートメント)などは同梱されていないので、その実力もいつか試してみたいところですね。

 

アスタリフトホワイトのトライアルキットには同梱されていませんが、トラベルセットには洗顔剤も同梱されていますので、そちらもチェックしてみてください。

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトの朝の使い方

アスタリフトホワイトのラインによるスキンケアですが、朝の使い方については特に無く、上で解説したように一般的な手順を踏んでスキンケアしてもらえればと思います。

 

基本的にはどのアイテムも浸透性が高くサラッとしていて「化粧をジャマしない」と評価されているのがアスタリフトです。

(クチコミでは、逆にベチャベチャするといった声もありますので、一度試してから本商品を買うようにしてください)

 

ただし、注意点が一つだけあります。

 

それは、アスタリフトブランドの特徴的な色味の赤橙色は衣服についてしまうと簡単には落とせなくなります。

普通に洗剤を使って選択をすれば落ちるレベルのものですが、出掛けですでに来ている衣服を選択するわけにもいきませんよね。

 

ですので、アスタリフトホワイトのテクスチャが緩めのアイテムを使う場合は、一旦手のひらで馴染ませると色も薄くなりますので、その手順を確実にふむこと、そして、スキンケアの際には首周りにタオルを巻くなどして襟元をカバーして使うようにしましょう。

 

逆に夜は多少色味が付いてもいいようなパジャマなどを来て、アスタリフトホワイトの各アイテムをバシャバシャ使って、寝ると良いでしょう。

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトの使い方の注意点

アスタリフトホワイトのライン使い、もしくは単品使いでも、注意してほしいことは、やはりスキンケアの基本中の基本です。

 

  • ケアの前には不要なった皮脂やメイクのカスは落とす
  • 1に保湿、2に保湿、3,4がなくて5に保湿
  • 1にUVケア、2にUVケア、3,4がなくて5にUVケア

 

美白成分とかシミのケアとか言いますが、シミは常に肌の奥から湧き上がってきますし、加齢による肌の衰えは待ったなしで、継続的に肌の自律ケアの能力を衰えさせてきます。

 

これらは致し方ないこととして、これらに拍車をかけるのが皮脂の残存による酸化と乾燥と紫外線です。

 

もっというと、美肌の原料はたんぱく質と脂質だったりしますので、ビタミンやミネラルも含めたバランスのよい食事も大切です。

 

また睡眠不足、運動不足、血流などのめぐりの弱さなどもお肌には大敵です。

 

なにか特別な成分が入っているコスメを使っているから安心、などということは全くありません。

 

本体であれば肌はもちろん人間の身体はターンオーバーしますし、毎日の睡眠中に成長ホルモンがでて酸化したり炎症を起こしている肌をケアしてくれるわけですね。

 

この良い状態のときに、質の良いコスメでスキンケアすると好循環が生まれるわけです。

 

ここはアスタリフトホワイトの使い方というか考え方としてぜひ理解しておいてほしいな、と思うところです。

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイト【スキンケア】レビュー【ASTALIFT】の美白ライン使ってみたよ

鏡を覗き込んでいるスキンケア中の女性

 

アスタリフトホワイトのライン使いを紹介している動画を探してみました。

 

アスタリフトホワイトは発売開始以来そこそこ時間も経っているのでたくさんのユーザーさんが使い方や利用した実感などを動画で紹介しています。

 

公式サイトでもアスタリフトホワイトのラインの各個別アイテムの正しい使い方や順番を紹介している動画がyoutubeにアップされています。

 

ただし、今回は美容系アイテムの紹介で有名な個人のyoutuberの、アスタリフトホワイトのライン使い方を紹介してくれているnaoさんの動画を紹介しますね。

 

アスタリフトホワイトのトライアルキットをしっかり使っている動画ですので使い方、順番も含めてnaoさんの動画で楽しんでみてください。

 

引用元:アスタリフトホワイト【スキンケア】レビュー【ASTALIFT】の美白ライン使ってみたよ

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトのレフィルについて

アスタリフトの詰替え用のレフィルの一覧ページのサムネイル

 

アスタリフトホワイトのラインナップのほとんどには、本体と詰替え用のレフィルが用意され販売されています。

 

レフィルの容量は本体と同じですが、若干安い価格で購入できます。

たとえば、アスタリフトホワイトの主力のエッセンスインフィルトでは本商品の定価としては7,700円ですが、レフィルならば7,150円で購入することができます。

 

みなさん、考えることは一緒で(笑)「レフィルだけで使えるか?」ということで調べている人も多いようですね。

 

はい、残念ですが結論はNoです。レフィルのみでは使えません。

 

アスタリフトホワイトのラインの中で、壺型のものには食べるヨーグルトのように一旦フタをはがしてしまうと、その後は密閉することができなくなります。

 

これを他の清潔なボトルに移し替えて・・・という手もなくはないと思いますが、コスメは封を切った途端に酸化や雑菌との戦いが始まります。

 

これがなければ防腐剤なんかは必要ないわけなんですね。

 

もし自分の肌を大切にケアしたいと思うんだったら、移し替えはあまりおすすめはできません。

 

またアスタリフトホワイトのボトル型のレフィルも密閉されていて、壊さない限りそこから内容物を取り出すことはできません。

 

レフィルの安さはとても魅力的ですが、レフィルのみでアスタリフトホワイトを使うのは無理筋だと思いますがいかがでしょうか。

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトの美容液、レフィルだけで使える?

アスタリフトホワイトの主力と言われるのは、美白美容液の「エッセンスインフィルト」。

 

で、主力アイテムなだけに、やはり安くはないですね。

 

エッセンスインフィルトはレフィルだけで使えないか?と考えるのは当然のことだと思います。

 

で、結論ですが、エッセンスインフィルトはレフィルのボトルのみでは使えない仕様に作られています。

 

具体的に言うと、詰め替えの際には本商品についているポンプをレフィルのボトルに付け替える、という作業を行います。

 

ポンプ式なので、密封性がとても重要で、レフィルにポンプを密着させて突っ込むわけです。

 

この仕組みが緩ければ中の美容液を手に取ることもできるわけですが、基本的にはポンプを利用して吸い上げる形式なので、本商品もレフィルもエッセンスインフィルトのボトルの密閉性はとても高く作られています。

 

この仕組みは、美白化粧水のブライトローションのボトルも同じように作られていますので、やはり残念ながらレフィルだけの使い方はできません。

 

なおアスタリフトホワイトのレフィルについては、公式ショップよりも楽天やyahoo!ショッピングといった通販で買ったほうがずっと安く手に入れることが可能です。

 

購入方法を工夫することで、少しでもお財布の負担を減らしたいところですね。

 

→まだアスタリフトホワイトのライン使いは未体験?5日間だけでも使ってみませんか?

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト ライン使い/アスタリフトホワイトのトラベルセットは?

アスタリフトホワイトの5日間トラベルセットの紹介ページのサムネイル

 

アスタリフトホワイトの個別アイテムのラインナップとは別に、旅行用に使えるトラベルセットも販売されています。

 

いくらアスタリフトホワイトの愛用者とはいっても、本商品のボトルとかツボをそろえて持っていくとなると、結構な重量になりますしカサも張りますよね。

 

そんな人のために、アスタリフトホワイトのトラベルセットには日程の長短に合わせて2種類のトラベルセットが販売されています。

 

それぞれのトラベルセットの内容は以下のようになっています。

 

■5日間トラベルセットのセット内容 1,760円(税込)

  • クレンジングジェル<メイク落とし>12g

  • モイスチャーフォーム<洗顔料>12g

  • ジェリー アクアリスタ<ジェリー状“先行”美容液>5g

  • ブライトローション<美白化粧水>[医薬部外品]18mL

  • エッセンス インフィルト<美白美容液>[医薬部外品]5mL

  • クリーム<美白クリーム>[医薬部外品]5g

 

 

■1泊分トラベルセット 550円(税込)

  • クレンジングジェル<メイク落とし>3g×1包
  • モイスチャーフォーム<洗顔料>2g×2包
  • ジェリー アクアリスタ<ジェリー状“先行”美容液>0.5g×2包
  • ブライトローション<美白化粧水>[医薬部外品]2mL×2包
  • エッセンス インフィルト<美白美容液>[医薬部外品]0.7mL×2包
  • クリーム<美白クリーム>[医薬部外品]0.7g×2包

 

 

どちらのトラベルセットもアイテムは同じで6品目が入っています。

 

公式で販売されている美白トライアルキットと比較すると、美白トライアルキットには「クレンジングジェル」と「モイスチャーフォーム」という洗顔系が入っていなくて、代わりにUVケアラインの「D-UVクリア ホワイトソリューション」が含まれています。

 

どちらのトラベルセットも、トライアルキットとして使えると思いますが、トラベルセットは送料がかかってきてしまいますので、やはり本商品の定期購入をしている人向けと言えますね。

 

ちなみにアスタリフトホワイトのトラベルセットにケチをつけるわけではないですが、旅行は外歩きをする時間が長くなるので、UVケア系のアイテムも入れておいてほしいな、と思ったりします。

 

 

まとめ/アスタリフトホワイトのライン使いについて

  • アスタリフトホワイトの使い方としては、理想はライン使い
  • 単品使いで買うならどれ?なら、候補は先行美容液、美白美容液、UVケアの3品
  • ラインの各アイテムは推奨の使い方があるので、正しく使おう
  • レフィルだけの利用はできない(特にボトル型タイプ)
  • トラベルセットも用意されているので、旅行時には便利

 

アスタリフトホワイトのライン使いについて解説してきました。

 

ただし、やっぱりコストが掛かってしまうな・・・という人に対して、買うならどれ?についても自分なりに答えを出してみました。

 

大切なことは、やはり平均的に作られているコスメに自分の肌を合わせるのではなく、しっかりと試して情報をとってほんとうに自分に合ったアイテム、必要なアイテムを探すことですね。

 

アスタリフトホワイトでは公式で格安のトライアルキットも販売されていますので、まずはお試ししてみることをおすすめします。

 

→5品目5日間のおためしが1,100円。

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

※関連情報:【アスタリフトホワイト口コミ】美白効果のいい口コミと評判