アスタリフトホワイトはくすみに効く?

 

美白系のスキンケアのブランドやアイテムは世の中にたくさんあります。

 

が、どうしてもシミについて訴求している商品が多いので、くすみ対策をしたい人にとってはアイテム選びに迷ってしまいますよね。

 

実はアスタリフトホワイトは美白系ブランドと思いきや、そのラインの一部にはくすみ対策に特化した具体的な成分を配合してアイテムも備えられています。

 

もちろん、そのアイテムの中にはシミ対策の機能もしっかり備えたものもあるので、アスタリフトホワイトならシミ対策もくすみ対策も両方の対応ができます。

 

くすみ対策として活躍する成分は「フェルラ酸」といいます。

 

このフェルラ酸については下記で具体的に説明しますが、フェルラ酸はアスタリフトホワイトのラインナップ全部に配合されているわけではありません。

 

また逆に、アスタリフトホワイトのシミ対策のエースとしては「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」という成分が頑張ってくれますが、これも美容液だけにしか配合されていません。

 

もしあなたが美白でシミ対策も、肌のくすみ対策も、両方ともやりたいと思うなら、アスタリフトホワイトならば個別アイテムの単品使いだけではもったいないです。

 

アスタリフトホワイトはずばりライン使いがおすすめです。

 

→ アスタリフトホワイトを格安でお試しできるメーカー公式のトライアルキットはこちら!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

このサイトの目次

アスタリフトホワイトのくすみケアとは?

アスタリフトホワイトの肌のくすみの原因となる“肌の悪酔い”についての解説

図の引用:アスタリフトホワイト公式サイト「くすみアルデヒドとは?」より

 

アスタリフトホワイト、富士フィルムが考える「くすみ対策」とはどのようなものか、詳しく説明をしておきますね。

 

肌がくすんでしまう原因については下でも詳しく解説しますが、大きな原因を3つ上げるとすれば、やはり加齢と、刺激と乾燥です。

 

加齢は致し方ないとして、刺激と加齢は表裏一体という感じで、肌が乾燥するとバリアが弱って刺激への抵抗力がなくなりますし、刺激で突かれれば肌は乾きやすくなり抵抗力も弱ってしまいます。

 

この状況下で、肌のくすみが広がってしまうわけですね。

 

アスタリフトホワイトを開発・販売している富士フィルムでは、刺激から肌上でくすみが出来上がっていく過程で、アクリルアルデヒドという身体にも肌にも悪い有害物質が発生して、真皮の細胞や肌内のコラーゲンなどへ悪さをし、くすみの発生の原因になっている、ということを突き止めました。

 

さらにアルデヒド分解酵素「ALDH2」を活性化させる成分「フェルラ酸」を利用してアクリルアルデヒドを分解すれば肌のくすみ化を抑えられる、ということも発見しました。

 

このアルデヒド分解酵素「ALDH2」ですが、お酒が飲めない人がいるのと同じで、日本人女性の約半数は、この「ALDH2」の働きが弱くできているとのこと。

 

肌のくすみ発生の原因全てがアクリルアルデヒドによるものであるわけではないと思いますが、肌がくすみがちな人は「ALDH2」の働きが弱いかも?と疑ってみるとよいでしょう。

 

フェルラ酸を肌に塗って肌付近にある「ALDH2」を刺激することで活性化してアルデヒドが分解されてしまうわけですね。

 

ちなみに美白用内服薬に含まれているLシステインという成分を耳にしたことのある人もいると思いますが、やはりシミの発生の元にアプローチして有害物質の発生を抑える機能をもっています。

 

実は、このLシステインも二日酔い対策にも有効、つまりアルデヒドをやっつけることで悪酔いや二日酔いを押さえてくれるわけですね。

 

アスタリフトホワイトのアイテムの中で、「ALDH2」の働きを高めるフェルラ酸が配合されているのは、具体的には、以下の3つです。

 

  1. 美白化粧水「ブライトローション」
  2. 美白クリーム「クリーム」
  3. UV美容液、兼、化粧下地「D-UVクリア ホワイトソリューション」

 

そう、アスタリフトホワイトの主力商品といわれていて人気も高い美白美容液「エッセンスインフィルト」には、このフェルラ酸は配合されていないんです。

 

アスタリフトホワイトの一連のクチコミを見ていると、正直言って、シミへの効果はすぐには見えてこないことが共通のコメントとしてあります。

 

ただし、肌の明るさや透明感の改善、つまりくすみの回線については好評価している声が多いので、もしあなたが早めの美白効果実感を期待したいなら、先にくすみ対策に走って、継続使いする結果としてシミへの効果を期待する、という流れもひとつあるかもしれませんね。

 

みなさん「買うならどれ?」とか「美容液だけ?」とかいろいろ気になっているようですが、美白美容液「エッセンスインフィルト」だけの単品使いなら、この“肌の悪酔い”を抑えるというフェルラ酸の恩恵には預かれないわけですね。

 

ですので、アスタリフトホワイトで美白を目指すなら、できればライン使いが理想です。

 

単品使いしたりラインの部分使いをするのであれば、美白と言ってもシミを抑えたいのか?くすみを改善したいのか?ここの目的をはっきりさせて使うとよいでしょう。

 

もちろんエッセンスインフィルトには医薬部外品としての有効成分アルブチン(ビタミンC誘導体)も配合されていますので、くすみ抑制の機能としても良質と言っていいと思います。が、“肌の悪酔い”対策のフェルラ酸も組み合わせたいところですね。

 

もしアナタがアスタリフトホワイトのライン使いを体験したことがないなら、一度お試しセットで実際に使ってみることをおすすめしますよ。

 

→格安の公式トライアルキットは「美白/UVケアトライアルキット+ジェリー」

人気の5品目が5日間お試しできます!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/ 肌のくすみの6つの原因とは?

  1. 肌の乾燥そのもの、およびキメやハリのダウン
  2. 大小のシミが増えて排出されず停滞・沈着
  3. 血行不良、めぐり不足
  4. 糖分過多の食事による糖化物質の生成
  5. ビタミンやミネラル不足
  6. ターンオーバー新陳代謝の滞り
    (加齢、ホルモンバランス、栄養素不足、喫煙・・・)

 

肌のくすみが起こる原因、理由としては上記の6つが挙げられると思います。

 

この中でアスタリフトホワイトのアイテム群が美白対策として頑張って働いてくれるのは、主に1,2です(間接的に6)。

 

まず最初に言っておきたいのは、みなさんすぐに「コスメでなんとかならないかしら?」と走ってしまいますが、なんといっても重要なのは毎日毎回の食事内容や生活習慣。

 

甘いものばっかり食べていたり、多めの喫煙は肌くすみにとっては厳禁です!

 

バランスの良い食事と言いますが、糖質(炭水化物)はエネルギー源として必須ですが、過剰に取りすぎるとその代謝のために、せっかくのビタミンやミネラルが使われます。

 

「いや、そのビタミン、美肌のために摂っているだけど!?」とあわてて言っても遅いです。

 

体内では過剰に送られてきた糖質の分解・代謝のために残業残業でフル稼働、処理された糖質は血管に流されますが血糖値が上がると、身体は慌てて過剰糖質を脂肪分として蓄積してしまいます。並行して内蔵にも負担がかかります。

 

ちなみにタバコを吸えば、ニコチンなど有害成分の代謝のためにビタミンなどのミネラルが使われてしまいます。

 

身近にいるタバコを吸う人の表情の明るさはどうか?思い浮かべてみてください・・・。

 

バランスの良い食事内容やめぐりを促す適度な運動などがある上で、アスタリフトホワイトのような美白効果がある成分を配合しているコスメを使えば、より短期で変化を実感できると考えます。

 

参考:【肌のくすみの原因】について詳しく解説しているサイト

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトの美白について

アスタリフトホワイトのブランド紹介ページのトップ部分のサムネイル

 

アスタリフトホワイトの美白ケアの考え方について改めてまとめておきます。

 

ラインナップと配合成分を見ると、アスタリフトホワイトでは「シミ対策」と「くすみ対策」という両建てのケアが期待できるといっていいでしょう。

 

機能効能の点で厳密にきっちり両方に分かれる、というわけではないです。

 

ただし、売り物の配合成分を見ていると、それぞれ狙って開発されているな、というのがわかります。

 

具体的にそれぞれの美白対策のために配合されている成分を整理してみます。

 

(もちろんアスタリフトホワイトには美白系成分以外にも美肌に導くための多くの成分が配合されています。たとえば、アスタリフトというブランドを象徴する“赤”の抗酸化成分のアスタキサンチンをナノ化した「ナノアスタキサンチン」。ハリ・ツヤ・うるおいをサポートします。)

 

【シミ対策】のための主な成分

 

  • アルブチン(ビタミンC誘導体)←医薬部外品として効果効能が検証済みの有効成分
  • 「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」←「シミの骨」の骨格を作らせない
  • 「ナノAMA(ツボクサエキス)」←うるおい成分を独自技術でナノ化

 

※これらが配合されているアイテム

→ 美白美容液「エッセンスインフィルト」

 

【くすみ対策】のための主な成分

  • 「ナノAMA(ツボクサエキス)」←うるおい成分を独自技術でナノ化
  • フェルラ酸←“肌の悪酔い”くすみの原因となるアクリルアルデヒドの分解をサポート
  • 上の2つを合わせた名称「ナノAMA+

※これらが配合されているアイテム

→ 美白化粧水「ブライトローション」

→ 美白クリーム「クリーム」

→ UV美容液、化粧下地「D-UVクリア ホワイトソリューション」

 

どちらも、配合されている成分の方向性に、独自性やオリジナリティを感じますね。

富士フィルムの世界最先端の技術が反映されているわけです。

 

両方のケアに共通する成分として「ナノAMA」という成分の複合物質があるのに気がつかれたでしょうか?

 

そして、くすみケアの方には「ナノAMA+ということで「」が付いていることがわかりますか?この「」があるか?無いか?で、くすみ対策に特化しているか?否か?がわかります。

 

この「」は、上でも解説している「くすみの原因」となる“肌の悪酔い”を解消してくれる成分のフェルラ酸が配合されている、という意味なんですね。

 

ちなみに、アスタリフトホワイトでは2020年3月に新たに美白乳液の「エマルジョン」が発売され美白ラインに加えられています。

 

この新製品の美白乳液「エマルジョン」にも「ナノAMA+が配合されています。

 

その「エマルジョン」の公式ショップの解説では「ナノAMA+について以下のように解説しています。

複合成分「ナノAMA+」(*1)がくすみ(*2)をケア

くすんだ(*2)お肌は肌印象を大きく左右してしまうもの。ナノ化した美肌成分「ナノAMA」(*3)と米由来の成分「フェルラ酸」(*4)の複合成分である「ナノAMA+」(*1)がくすみ(*2)をケアしながらうるおいと輝きに満ちた肌へと誘います。

*1 ナノAMA+は、独自技術でナノ化したナノAMA(*3)と、フェルラ酸(*4)からなる独自複合成分(*4)です。

*2 乾燥などによる肌印象のこと

*3 ツボクサエキス(うるおい成分)

*4 うるおい成分

引用:アスタリフト公式ショップ、「エマルジョン」の紹介ページより

 

以上、アスタリフトホワイトの美白ケアの考え方を紹介しました。

 

買うならどれ?とか、美容液だけ?とか、そういった声も見られますが、上の解説を読んでいただいて、できればアスタリフトホワイトはこの2つの美白ケアを同時に行うことが望ましいですし、もしどちらかを選ぶとすれば、スキンケアの目的をどこにおくか?と照らし合わせてアイテムを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、アスタリフトホワイトとしてトライアルキットとして提案されているアイテムの組み合わせで、先行美容液の「ジェリーアクアリスタ」と、UVケアの「D-UVクリア ホワイトソリューション」というのもあります。

 

後者は日焼け止めとして高機能である一方で、「ナノAMA+も配合されている日中用美容液としてもすぐれものなので、特に日差しのキツい季節には利用してもらいたいアイテムです。

 

また前者は、アスタリフトブランドの中においても人気のアイテムで、役割としては先行美容液、言い方を変えればブースター的な役割も果たしているので、その後のケアには影響はしません。

 

これら2アイテムはスキンケアの前と後ろでよく働きますので、ケアの効果を最大限発揮させたいなら、せひ合わせて使うことをおすすめします。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトの美白効果はいかに?

上でアスタリフトホワイトの美白ソリューション(解決方法)について紹介しました。

 

で、しみケアにしてもくすみケアにしても、実際に利用者の間では効果が出ているのか?ここが一番気になることろですね。

 

スキンケアアイテムの美白効果というものの捉え方は人それぞれだと思いますし、評価や感想というものはそもそも事前にそのアイテムにどのぐらい期待していたか?ということで決まってしまいますので、アスタリフトホワイトの美白効果については正直なところ個別に判断しなければわからないところでしょう。

 

また、一般的に言って、アスタリフトホワイトに限らず普通に買えるようなコスメで美白効果をうたうレベルでは、シミは簡単に消えたり薄くなったりはしません。

 

よく取説を読んでみるとわかりますが、殆どのものに「シミの発生を予防する」と書いてあります。「シミ」自体をどうこう、するとは書いていないし、また法律的にもおいそれとは書けないものなんです。

 

というのは、シミは人間の生体反応として、刺激などからの防御反応として必要なものとして次々に肌の底から生まれて湧き上がってくるわけです。

 

これを消したり薄めたり、なんていうことはイタチごっこでとてもやりきれないわけです。

 

逆に、シミを生成するシステムが人間の体から失われてしまっら、大問題。

 

ですので、実際の美白系コスメの利用者の感想は、アスタリフトホワイトに限らず、総じて「簡単にはシミは消えてくれない」とコメントしています。

 

でも、シミの短期対策は意味がない、という一方で、アスタリフトホワイトの利用者の声では、トライアルキットのレベルでも肌が明るくなったとかくすみがとれてきた、といった声があるのも事実です。

 

クチコミを見ると、くすみケアであれば、比較的短期で成果が期待できるかもしれません。

 

シミケアについても、美白効果を理論的技術的にエビデンスを取られた成分を配合するアスタリフトホワイトの各アイテムを長く続けて使うことで、それなりの結果が得られることも想像できますね。

 

愛用者(リピーター)が多いのもアスタリフトブランドの特徴です。

 

→すでに累計で100万人が利用したアスタリフトの美白ラインをセットでお試し

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイト「エッセンスインフィルト」(美白美容液)はシミに効く?

アスタリフトホワイトのラインナップの中で、美白ケアの主力としてシミ対策を担当するのが美白美容液「エッセンスインフィルト」です。

 

シミの発生予防への効果があるアルブチンというビタミンC誘導体を配合し、加えて独自成分によってシミができる過程の根本から解決に取りかかります。

 

この“独自成分”については上でも紹介しましたが、「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」という成分です。

 

オリザノールは以前から、その機能とともに発見されていましたが、安定しない成分なのでコスメへの配合は難しかったんですが、富士フィルムが乳化することに成功、それでエッセンスインフィルトに配合されるようになったんですね。

 

この「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」は、どんな機能が確認されているか?について解説します。

 

まずシミができる過程ですが、メラニンが付着する袋のようなものがあって、メラニンはその袋を膨らましている骨格のようなものに付着して黒くなることで、シミが“丸黒”に見えるようになります。

 

アスタリフトホワイトを開発している富士フィルムは、この袋の骨組みを組ませないようにする成分を発見したんですね。それが上でいう「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」という成分です。

 

付着する場所、“骨組み”が無いので、黒くなりようもない、ということですね。

 

ただしただし。

 

シミはどんどん出来てきますし、自分の肌に「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」だけ大量に打ち込むわけにもいきませんよね。またあくまでその機能は「発生を予防」することにとどまっていますので、すでに出来ていて鎮座しているシミをどうこうすることは難しいわけです。

(せいぜい新陳代謝を活性化し、肌外への排出を促すぐらいしかやれることはありません)

 

実際に美白美容液「エッセンスインフィルト」を使った感想をみても、「シミへの効果はわかりません」という声が多いです。

 

ただ、エッセンスインフィルトのように技術と理論と効能がしっかりしたアイテムは、ちょっとめずらしい存在です。

 

いずれ時間がかかるのがシミ対策。

 

であれば、アスタリフトホワイトのように背景がしっかりしたアイテムを使い続けることが大事だと考えます。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトの化粧水、効果はあるのか?

アスタリフトホワイトは、美白美容液「エッセンスインフィルト」が登場する前には、美白ケアの主力は、美白化粧水「ブライトローション」でした。

 

いちばん古株のアイテムで2017年3月には一度リニューアルを行っています。以前の名称は「アスタリフトホワイト ローション」でしたが、リニューアル後は「アスタリフトホワイト ブライトローション」に変わっています。

 

アスタリフト本体(赤の容器)でも「ローション」が販売されています。あくまでアスタリフトホワイトの「ブライトローション」とは異なるので、間違って買わないでください。(赤のローションも保湿やエイジングケアにおすすめですが)

 

で、この美白化粧水「ブライトローション」の美白効果ですが・・・

 

利用者の声をみると、基本的には良好な評価がなされています。

 

ただし、シミの変化がすぐに現れるか?というと、はっきり書きますが、それは期待薄です。

 

どうしても“美白”と銘打つと誰もが「シミへの効果」を期待してしまいますが、アスタリフトホワイトに限らず普通に買えるレベルのコスメは薬ではありませんし、医療レーザーのようなシミを焼きころす、といったパワーが有るわけではありません。

 

なかなかここは理解してもらえないところですが、そこは勘違いしてはいけないと思います。

 

ただし、肌が明るくなったとか透明感が増した、といった声は比較的多く見かけられます。

 

悪く評価する声は、どのコスメでも同じですが、ゼロではありませんが、アットコスメあたりのクチコミをみると、ブライトローションの評価は決して低くはない、というか高い部類に入るだろうと思います。

 

上でも解説しましたが、アスタリフトホワイトのシリーズの美白の主役はエッセンスインフィルトに取られてしまいましたが、くすみケアを中心にその機能は健在です。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトのシミ対策とは?

富士フィルムのシミのスキンケアの技術の紹介ページのサムネイル

 

アスタリフトホワイトのシミ対策とは?

 

ここはちょっと個人的にアスタリフトホワイトについて興味をもった点について書いてみます。

 

アスタリフトの開発は富士フィルムですが、新しい商品を出すときのやりかたが、とてもおもしろいな、と思っています。

 

富士フィルムでは、まず肌トラブルなどの問題を可視化することに努めます。

 

コスメで効果効能をうたう場合は、それを自ら証明してみせる必要があります。

 

富士フィルムはこれに向けて持てる世界最先端の技術を使って独自成分を開発したり、不安定な成分を安定化させたり、浸透しにくいものを浸透しやすくしたり、そういった能力を持っている企業ですが、面白いのは、まずは問題を可視化し、解決の過程も可視化する、というところです。

 

ですので、素人が見ても、例えば「ああなるほどなるほど、これがシミの骨か!」と理解しやすいわけです。

 

アスタリフトのリピーターさんたちのクチコミをみていると、かなりしっかり富士フィルムの技術について理解した上で利用しているな、という感じもあります。

 

一般的に、女性は共感とかフィーリングを大事にする感じもありますが、アスタリフトホワイトのユーザーさんは、ちょっとその点ちがうかも、という気がしています。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、アスタリフトホワイトのシミ対策の主力成分は2つ。

 

ひとつは、医薬部外品として認められるために必要な有効成分、アルブチン(ビタミンC誘導体)です。

 

ビタミンCは美肌効果全般に機能するスキンケアには必須のアイテムで、シミの発生の予防に貢献するだけでなく、新陳代謝なども緩やかに促してくれます。

 

ビタミンC誘導体は、副作用というほど大げさなものではないですが、皮脂の発生が抑えられ気味になるので、乾燥肌気味、インナードライ気味の人にとっては、逆に皮脂の発生を誘発するかもしれません。

 

本来、サラッとしているはずのアスタリフトホワイトのラインナップのクチコミなのに、ベトついた、という全く逆の声もあるのも事実です。

 

もうひとつの成分は、上でも解説しましたが、シミの骨組みを解体する「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」はダイレクトにシミが出来上がる過程にアプリーチできます。

 

ただ、くどいようですが、人間のシミは簡単には消えませんし、また潰しても潰しても次から次へと湧き上がってきます。とにかくシミ消しは簡単ではないんですね。

 

まあシミ対策は、アスタリフトホワイトに限らず、ゆっくりじっくりがおすすめです。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトのいう「シミの骨」とは?

アスタリフトホワイトのシミ対策の主力「エッセンスインフィルト」には「シミの骨」というシミが生成される根本の過程に着目して、その骨組みを解体する機能をもつ成分を配合しています。

 

他社にはない着想と技術力がアスタリフトホワイトのシミ対策を支えています。

 

具体的には、メラニンが蓄積されるメラノソールの骨格部分(gp100、=“シミの骨”)を切り出して再構成する成分BACE2をいうものがあります。

 

メラノソールは、例えると、ホウズキの袋のような形で、ホオズキの筋のように骨格があって、その柱にメラニンが付着し黒くなるわけです。袋全体が黒くなって、丸く見えるようになるわけですね。

 

富士フィルムは、このシミの骨格の組み立てを促す成分BACE2を不活性化させる成分として、「オリザノール乳化物(うるおい成分)」を発見しました。

 

「オリザノール」という成分は、コスメで使うにはとても不安定で浸透性も低かったのですが、富士フィルムの技術でナノ化して浸透性を高めることに成功、アスタリフトホワイトの美白美容液「エッセンスインフィルト」に配合されるようになったわけです。

 

たぶん、これまであちこちで目にしたり耳にしてきたりした、いわゆる美白ケアとかシミ対策とはちょっと異なった、でもとても理解しやすいケアの方法だと思いますが、いかがでしょうか。

 

実際にアスタリフトホワイトのエッセンスインフィルトはとても人気のある商品に育っていますし、クチコミも上々のアイテムです。

 

アスタリフトホワイト公式のトライアルキットには、もちろんこの話題のエッセンスインフィルトも試せますので、取り寄せてみてはいかがでしょうか。

→ アスタリフトホワイト公式の美白トライアルキット

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトの効果はどう?

ジムでトレーニングする女性

 

アスタリフトホワイトの効果についてクチコミからまとめてみます。

 

はっきり言いますが、基本的にはアスタリフトホワイトへのクチコミは、ほぼほぼ良いクチコミが多数派です。

 

ただし、具体的な効果についての言及が多いか?というと、必ずしもそんな事はありません。

 

みなさん使ってみた結果として、肌の調子が明らかにいい、といった点をコメントしている人が多いです。

 

そもそもが、よく商品のできることを理解して、毎日のスキンケアのアイテムとして長く使い続けることを理解していて、今すぐここをなんとかしてほしい!といったスタンスでは利用していない感じです。

 

浸透性が高く、サラッとしていてクセがないので、朝でもすぐにお化粧に取り掛かれるので、その点「化粧のジャマをしない」といった声も見かけます。

 

美白効果という面では、シミの変化については、効果があった、とコメントしている人は、まずほとんどいませんが、くすみ対策という意味では、肌が明るくなったとか透明感が出てきた、といった声もあります。

 

ということで、アスタリフトホワイトは一部アイテムには医薬部外品として効果効能が認められている有効成分も入っていますし、メーカーの富士フィルムもしっかりエビデンスは取っているスキンケアアイテムなので、その機能に期待しつつ、長く続けて使うべきブランドではないか、と考えます。

 

悪いクチコミでは、美白効果を評価しない声もあり、また「合わない」という声もみられます。

 

やはりどんなコスメも平均的にしか作られていませんので、当然相性の問題は出てきますね。ですので、そこはコスメに合わせる必要はなく、主体的に自分にあうものを探し見つけることが大事ですね。

 

では、アスタリフトホワイトは効果がない、というやはネガティブな悪いクチコミをみてみましょう。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは効果ない?

アスタリフトホワイトは効果ない?効かない?と聞かれたら、ちゅちょなくいや大丈夫です、と答えられると思います。

 

たしかに、アスタリフトホワイトのクチコミをみると、シミが消えたとか薄くなったという面では効果ない、とか、褒めつつも「シミはまだ変化は出ないけど」いう但し書きをつけるコメントも少なくありません。

 

■美白美容液「エッセンスインフィルト」について

オレンジっぽい色味で肌になじませると、
するする伸びます。
美白効果は正直わかりませんが、保湿はしっかりしてくれるので、肌がもちっとします。

女性30代前半(普通肌) ※引用元

 

ただし、肌が明るくなった、透明感が出てきた、とかハリが出てきてもっちりしてきた、という声は、多数派とは言いませんがかなり多く見かけます。

 

上でも解説していますが、正直言ってコスメのレベルでは、しみを消すとかしみを薄くするとか、そういうことは至難の業と言っていいと思います。

 

「効く」とか「効かない」とか、そういうことは論外だと思っています。

 

しみを短期で消したいなら、美容整形外科か美容皮膚科に行ってレーザーで焼いてもらうかハイドロキノンという“漂白効果”をもつ強烈な軟膏を使ったり、レチノールという強制的にターンオーバーを促進するビタミン剤などもあります。

 

これらを使ったとしても、しみがちゃんと消えていくかは副作用をチェックしながら経過観察しながら進めるので、即効性はあるとは言い難いです。

 

で、その間も次のしみは下から湧き上がってくるのです。

 

気長に毎日のケアの中でシミ対策を続けるか、それともくすみ対策を中心に進めるか。

 

アスタリフトホワイトは、どちらかも選べますし、ライン使いで、総合的に美白ケアしていくという考え方もありますね。

 

その意味で、クセもなく使い勝手もいいアスタリフトホワイトはとてもおすすめなブランドだと思います。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイト、効いた?

アスタリフトホワイトについて「効いた」との声を拾ってみました。

 

基本的には、あまりはっきり「効いた」というコメントは意外に少ない印象はありますが、20代でも50代でもいろんなユーザーがいますがリピータの中で使い続けている人の声を拾っています。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

肌診断でセラミド不足と出てしまい、セラミドを補うために使用開始!!

初日から効果がわかり化粧水の入り方が全く違くて驚きました!!

今まで使用したことない触感、香り、色など…。

目に見えて分かる効果はクマが薄くなったこと!

女性20代後半(混合肌) ※引用元

 

 

■美白美容液「エッセンスインフィルト」について

シミケアのため初夏から使用。2本リピしています。
とにかく、朝がモチモチになり肌の透明感が違います。地黒で効果が分かりにくいのですが、この夏、ファンデの色を暗くせずにすみました。化粧のノリも良くなりました。
使い続ける予定です。

女性30代後半(混合肌) ※引用元

 

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

毎年春夏に使用しています。もう五本目とかだと思います。
毎回これを使い切る時には、色が白くなった??と聞かれます。美白の効果はしっかり感じられる商品です。
しっとりしつつもさっぱりしていて、とにかくテクスチャーが大好きです。香りは麻痺してあんまり感じなくなってしまいました。笑 この夏もこちらにお世話になります!

女性20代後半(混合肌) ※引用元

 

 

繰り返しになりますが、アスタリフトホワイトのシミへの効果は、即効性という意味ではあまり評価はされていません。

 

ただし、肌の明るさの改善や透明感が出てきた、という点では効いたと実感している声はすくなくありません。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトはニキビに効く?

アスタリフトホワイトはニキビケアや吹き出物対策を目的としたスキンケアのラインではありません。

 

ただし、肌に良いことを目指しているので、ニキビ対策としても何らかの効果が発揮される可能性もあるでしょう。

 

以下、アスタリフトホワイトのラインナップとニキビについてのクチコミを紹介します。

 

まずはよい評価です。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

サンプル使用で好感触だったので思い切って現品購入しました。
肌全体にハリが出て、もっちりします。
全体的に元気になったな、と翌朝実感。
顎周りのニキビも日に日に良くなりました

女性30代後半(乾燥肌) ※引用元

 

 

一方で、ニキビ対策ができなかった、というか、ニキビが増えてしまうケースも有る人もいるようです。

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

30歳を超え、出産を経験した事もあり最近シミが気になるようになってきました。こちらの商品が気になり購入してみたのですが、結果ニキビが出来てそのニキビ跡が増えて終わりました。その影響か、痒みも出てしまい…
口コミ見て期待していたのですが、残念私には合わなかったようです。油分が多い物を使うとニキビが出来てしまいます。美容液も一緒に使いましたが、ダブルでしっとりして顔がベタベタになりました。

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

 

したがって、ニキビケアの場合は、専門でないこのアスタリフトホワイトは無理に使わないほうがいいかもしれません。

 

ちなみに同じメーカーの富士フィルムからは、ルナメアACという、ニキビケア専門のスキンケアシリーズも販売されていて、人気も上々です。

 

やはり公式のトライアルキットが販売されているので、こちらもチェックしてみてください。

→ 富士フィルム「ルナメアAC」

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトはニキビ跡にはどう?

つづいて、ニキビが出来てしまったその後のニキビ跡についてケアできるか、使っている人がいるのか調べてみました。

 

アスタリフトホワイトのラインナップでは基本的には、アスタリフトホワイトはニキビ予防やニキビケア、ニキビ跡の対策としてはつくられていません。

 

アスタリフトなりのスキンケア効果は期待できますが頑固なニキビ跡の解消までは専用ではありません。一旦肌を柔らかくするとか強制的に新陳代謝を促すような成分を配合しているアイテムがおすすめです。

 

ただし、使うことでニキビ関連のケアとしても能力を発揮するようです。

 

以下、アスタリフトホワイトでニキビ関係の問題が改善したか、についてのクチコミを拾ってみました。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

プルプルのジェリーなのに伸びがよく、すぐに吸収され、もっちり肌になりました。 ニキビ跡や頬の毛穴が気になるので、これまで下地で埋めていましたが、もう必要ないかも! 頬にハリが出て、午後になっても毛穴が気になりませんでした。感動?。

女性40代前半(普通肌) ※引用元

 

 

■美白美容液「エッセンスインフィルト」について

モニターで当選しました!今回は一本まるまる使用してから口コミ。。朝夜毎日使用したところ肌に透明感が♪なによりニキビ跡が薄くなった気がします!

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

 

ニキビ跡については、顔のシミと同様に肌に居座ってしまっているものなので、うまく新陳代謝を促してやることが大事ですね。

 

アスタリフトホワイトの美白美容液「エッセンスインフィルト」には医薬部外品としての有効成分のビタミンC誘導体が配合されていますので、それによって良い影響が出ている可能性もありますね。

 

ただし、上でも書いたように、アスタリフトホワイトを使うことで、逆にニキビが増えてしまった、というクチコミもありますので、ニキビが出がちな人は、まずお試ししてみてから本商品を買うようにしましょう。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイト、保湿力はある?

アスタリフトホワイトは、保湿機能をもつ成分も各種配合されていますので、美白ケアを目的したラインとは言え、保湿ケアも配慮されているラインです。

 

ただし、クチコミなどをみると、保湿力も十分、という声もあれば、保湿力が足りないという声も見られます。

 

アスタリフトホワイトでは、保湿に関しては割と意見が別れているポイントかもしれません。

 

でも、これはアスタリフトホワイトに限りませんで、美白系ラインには共通して見られる反応ですね。

 

クチコミをよく読んでみると、アスタリフトホワイトはナノ技術とナノ化された成分が導入されているので基本的にはどのアイテムも浸透性が良く、すぐにベタつきが無くなる(ベタベタする、との声もあるが)ので、そこが好評価のポイントではありますが、逆に保湿重視派からすれば、すぐに乾いた感じがしてしまう、乾燥しやすい、といった感覚があるかもしれません。

 

また、これまで使ってきたコスメのテクスチャとの比較で、サラッとしていると物足りない、という感覚もあるかもしれませんね。

 

季節や、個々の肌の状況次第だとは思いますが、実際のクチコミは、以下のような感じです。

 

まずは好評価についても声です。

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

トライアルキットを購入してみたら
凄くよくてびっくりでした!
色にもびっくりしましたが、保湿力が高くて美白効果もあってリピートしようと思います!

女性20代後半(混合肌) ※引用元

 

 

■美白クリーム「クリーム」について

ずっとリピートしています。冬になるとすぐ皮が剥ける超敏感肌の自分にはかなり合っています(夏は使いません)。たっぷり塗ると1日保湿が持続し、肌トラブルも消え、乾燥することがなくなりました。旦那や友人から肌がプルプルで綺麗になったと言われます。

女性20代後半(混合肌) ※引用元

 

 

上で取り上げたユーザーの声は、美白効果に期待しつつ、使ってみたら潤いもしっかり、というパターンです。

 

続いて、保湿に関しても悪い口コミです。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

プルッとした赤いゼリーで肌にも浸透しやすく伸びがいいです。
ただしっとりとした保湿した感じが好きなので、物足りず、、数日使用しましたが、肌に合わないのか、赤みが出たため使用を中止しました。

女性30代後半(乾燥肌) ※引用元

 

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

もともと赤を使っていたので、
こちらの美白も気になり使ってみました。

今ちょうど使い始めて1カ月くらいです。

保湿力はやはり赤の方がいいかなぁ?…と。
乾燥肌の私には少し物足りない感じです。
他の方が口コミしてたように、
コットンよりも手でパッティングしたほうが
浸透すると思いました。

美白効果は、特にまだ感じられないので、
もう少し使い続けてみます!

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

 

というように、アスタリフトホワイトのシリーズの部分利用で、保湿力に首を傾げる人もいるようです。

 

ひとつ言えることは、アスタリフトホワイトは美白系のラインですので、もしどうしても保湿にこだわりたいということなら、アスタリフト本体のラインを使ってみることをおすすめします。

 

本体の方のラインはハリ・毛穴・たるみなどのエイジングケアや保湿をポイントとしたラインです。

 

アスタリフト本体の公式トライアルキットも送料無料で通販されているので、こちらも試してみることをおすすめします。

→ アスタリフト本体の公式トライアルキット

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、ほうれい線にも効く?

アスタリフトホワイトでほうれい線対策は可能か?ということですが、基本的にアスタリフトホワイトのラインナップの中を見ると、やはり美白ケアを主目的にしているので、ほうれい線ケアまでは商品の狙いの外、と言えると思います。

 

ただし、実際にアスタリフトホワイト(というか、本体ラインのアイテム)を使って、ほうれい線への効果をコメントしているクチコミもあります。

 

数は少ないですが、紹介しておきます。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

私の2019 ベスコス大賞はコレ笑
ハリ、弾力不足、ほうれい線など
アラサーからアラフォーになる
加齢の悩みがある方はオススメします。
色が多少付く為、ブルベ夏の私は
朝使うと若干くすむ気がするので基本夜使用。
目のくぼみやほうれい線が消える
なきゃ落ち着かない物です。

女性30代後半(乾燥肌) ※引用元

 

この30代の女性はアスタリフトホワイトのトライアルキットにも同梱されている先行美容液「ジェリーアクアリスタ」を使ってみて、ほうれい線への変化を感じているようです。

 

ただし、アスタリフトホワイト純正の美白系アイテムについてほうれい線について感想を投稿している声は見つかりませんでした。

 

ほうれい線ケアは、エイジングケアの中でも、なかなかケアが難しい部類に入ると思います。

 

このサイトとしては、ほうれい線ケアという具体的なお悩みがある場合は、アスタリフトホワイト(白)ではなく、アスタリフト本体(赤)のラインをお試しすることをおすすめします。

 

アスタリフト本体のラインは、エイジングケアが主目的です。

→ アスタリフト本体のトライアルキット

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、そばかすにも効く?

アスタリフトホワイトの美白効果は「そばかす」にも効くか、そばかすで悩んでいる人にとってはとても気になるところですね。

 

上でも解説しましたが、アスタリフトホワイトはくすみ対策に優れた効能をもっている美白ラインであると解説しました。

 

ですので、肌くすみの延長として、そばかすへの好影響も期待できそうではありますね。

 

実際に、そばかすへの効果に言及している声を拾ってみました。

 

■美白美容液「エッセンスインフィルト」について

この1年継続してきました。

残念ながら、気にしていたCゾーンの群生してい小さなソバカス達には効果ありませんでした(^^;

薄くもならず相変わらずです。

ただ、増えた感じはないので予防は出来ているのかな?……よくわかりません(^^;

すでに出来ている物に対しては難しいのかなと思いました。

ソバカスへの効果はありませんでしたが、肌のキメが整い明るい肌色になったのでその点は良かったです(^-^)

女性30代前半(乾燥肌) ※引用元

 

この女性は、美白美容液を使ってみましたが、そばかすの変化は見られなかったようですね。

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

今年の夏から使用して、今2本目です。
使用感はさっぱりしていますがきちんと潤いも感じます。ただ冬はこの化粧水では保湿が足りないです。
少しではありますが頬のそばかすが薄くなりました
継続して使用したいと思っています。

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

こちらの女性は、美白化粧水を使うことで、そばかすが薄まるような印象を感じたようです。

 

上でも解説していますが、肌くすみケアについては、美白化粧水のほうがよりしっかりとした機能を持たされていますので、その差が出ている可能性もありますね。

 

またソバカスにもいろんな種類があるようなので、シミに近いものであれば、美白美容液のシミの骨へのアプローチがチカラを発揮するかもしれませんね。

 

また居座ってしまったソバカスは、シミと同様に簡単には動かしにくいものですね。

 

まずは上の方々のように、実際に使ってみて試してみるしかわからないところがありますね。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、肌荒れはどう?

アスタリフトホワイトは肌荒れの状態で使えるか?また肌荒れは治せるか?また、使ってみて肌が荒れてしまった、というような副作用的な事実はないのか、ここはそれぞれ気になるところですね。

 

アスタリフトホワイトは基本的には皮膚科で処方されるような医薬品とは異なっていて、配合される成分は基本的には安心安全なものばかりです。

 

ですので、肌荒れをケアできるか?というと、やはり薬ではないので、そこは答えはノーと言わざるを得ません。

 

ただし、アスタリフトホワイトのラインの主力アイテムには、医薬部外品としての有効成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」という炎症止め成分が配合されています。

 

この「グリチルリチン酸ジカリウム」は、プチプラの化粧水や日焼け後のローションや目薬などに普通に配合されている炎症止めです。

 

薬ほど強力ではないですが、人間の体はちょっとしたことで炎症が始まりますので、軽いものであれば、それなりのレベルで効果を発揮してくれます。

 

ただ肌荒れに対応できるかどうか?については、そこは無理にコスメは使わずにお医者さんにいかれたほうがいい、ということになりますね。

 

ちなみに、肌荒れについてコメントしているアスタリフトホワイトユーザーに声を拾ってみました。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

1080円のお試しキットを利用してからジェリーアクアリスタのみ現品購入です。

これを使用し始めてからお肌の調子が比較的安定し、肌荒れしてもすぐにバランスを取り戻せています
夏場など化粧水があまり保湿力が高くないものしか使用出来ない時期もあったのですが(ベタつくと荒れるため、しかし乾燥はする)そんな大変な時期もこれのお陰で乗り切れました。

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

夜、ちょっと肌荒れしてるなぁ?と思っても夜スキンケアして寝れば朝には治ってます
キメも整って毛穴が少し小さくなってきた感じでお気に入りです。

女性30代前半(普通肌) ※引用元

 

どちらのコメントも、アスタリフトホワイトを使うことで、普段から荒気味の肌も安定しているようですね。

 

ただ、ここでは紹介できていませんが、人によっては、アスタリフトホワイトのアイテムを使うことで、赤くなったりニキビがでてしまったり、ということはあるようなので、本格的に使用する前にトライアルキットでアスタリフトホワイトをお試ししてみることをおすすめします。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは乾燥する?

上でもアスタリフトホワイトの保湿力の効果の評判について解説しましたが、乾燥するしないといった声も賛否両論で感想が見られます。

 

アスタリフトホワイトの基本的な商品コンセプトとしては、ライン使いすることによって美白もしっかり保湿もしっかり、というのが基本的な考え方です。

 

多数派としては、やはりこの商品コンセプトのとおり、十分にうるおう、とか肌がもっちりしてきた、といった声を多く見かけます。

 

ただし、一部のユーザーで、使っても乾燥が解消されないとか、逆に使うことによって乾燥し勝ちになってしまった、という声もあるのも事実です。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

使うほどに乾燥する結果となりました。
夜つけて、朝顔を洗うと肌がゴワゴワしちゃうんです。

化粧品成分としてアスタキサンチンは抗酸化作用が高く、本当に素晴らしいと思うのでおそらく処方やバランスのせい??

女性30代後半(普通肌) ※引用元

 

■美白美容液「エッセンスインフィルト」について

一本使い切りましたが、シミが薄くなる、肌のトーンが明るくなるなどの効果は感じられません。私の乾燥肌には保湿力も弱かったです。ニキビができたり、荒れたりはしなかったのでお試しできて良かったなくらいの使い心地でした。

女性30代後半(乾燥肌) ※引用元

 

■美白クリーム「クリーム」について

化粧水と夏にワンシーズン、ライン使いしてみた感想です。
軽めのクリームなのでベタつかず、朝メイク前でも使えました。
歳のせいなのか、これだけだと乾燥(とくに頬)が気になるように。
肝心の美白もあまり効果は感じられませんでした。
使用感はいいので残念ですが、リピはなさそうです。

女性30代前半(普通肌) ※引用元

 

少数派ではありますが、アスタリフトホワイトの乾燥についての声を上げてみました。

 

そして、少ないですが、アスタリフトホワイトを使って、しっかり潤っている、という声も紹介しておきます。

 

■「美白トライアルキット」について

なかなか良かったです。美白系の商品にしては保湿がしっかりできたのが好印象

女性30代前半(乾燥肌) ※引用元

 

美白系のラインに共通することですが、ビタミンC誘導体を配合することで、ビタミンC誘導体は一般的に言って皮脂の分泌を抑える傾向があるので、乾燥肌の人が使うと、更に皮脂の分泌が減って、逆にその状態を解消しようとして皮脂の分泌が増えて、逆にベトベトになってしまう、という現象も報告されています。

 

乾燥・保湿の問題はほんとうに千差万別で季節は住む地方によっても異なってきますので、新しいアイテムを試す場合は、かならず本利用前に確認してから使い始めるようにしましょう。

 

→ 自分との相性が確認できる、アスタリフトホワイト公式のトライアルキットはこちら!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、エイジングはどう?

アスタリフトホワイトの効果として、エイジングに関しての効果はどうなのか?という質問もありますね。

 

答えとしては、基本的にアスタリフトホワイトのラインナップを見れば、保湿からUVケアまでひととおりのスキンケアの機能は備えている、それも独自の技術と成分を使ってより効果的に高機能にエイジングケア用のアイテム群としても活躍できるものといっていいと思います。

 

アスタリフトホワイトに限りませんが、コスメというものは広告において目立つポイント、たとえば美白といった面だけに絞ってアピールされることがあります。

 

しかしながら、実はアスタリフトシリーズのアイテム全般に、アスタリフトの独自成分のナノアスタキサンチンという抗酸化作用のある成分が入っています。美白効果を発揮する以前の問題として、肌の酸化を抑える、というとても効果的な基本機能が備わっています。

 

この抗酸化作用こそがまさにエイジングケアで重要な役割を発揮するポイントでもあります。

 

でも、アスタリフトホワイトはやはり配合されている成分バランスも美白ケアを目的として調整されていますので、もしエイジングケアを希望しているなら、まずはアスタリフト本体のラインの各アイテムを使ってみて、その上に、ホワイトのアイテムを追加利用してみる、といった工夫もひつようかもしれません。

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、ハリにも効く?

アスタリフトホワイトのクチコミを見ていると、少なくない量で「肌のハリ」に関して好評価をしている声が見られます。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

これは本当にいいですよ!
夜これを使うのと使わないのとで、
朝起きた時の顔のハリが全然違います
プルプルしてます。
元々、くすみだした肌への潤いをと思って使っていますが、顔に明らかにハリが出て更にフェイスラインもすっきりして、目も大きくなった気がします。
効果を考えると、
安いくらいです!私には!!
悩んでいる人は使うべきです!!!

女性40代前半(乾燥肌) ※引用元

 

■美白クリーム「クリーム」について

くすみ一掃!うるおいに満ちたハリ肌が叶うクリーム!!

春?夏にかけて愛用している美白タイプ。

美白のクリームって、春夏向きだから軽いテクスチャーのものが多いのですが、このクリームは ナノAMA+配合で『もっちり!!

伸びがよく なめらかなクリームになっており、ぴたっとうるおいを閉じ込めてくれてる気がします!

美白有効成分アルブチンたっぷりなので、このクリームを使った翌朝はお肌のくすみスッキリ!透明感を感じることができます◎
くすみとハリをケアする効果が更にUP????

女性30代前半(乾燥肌) ※引用元

 

ご覧のように、肌のハリやもっちり感といった声がみられます。

 

上でも解説しましたが、アスタリフトホワイトに限らず、アスタリフトブランド全体で、抗酸化作用のある「ナノアスタキサンチン」が配合されているので、美白効果とは別に、こういったエイジングケアの部分でも何らかの成果が出てきてもおかしくないですね。

 

ちなみにアスタリフトのブランドカラーは「赤」で、実際に各アイテムの色は赤橙色をしていますが、これはナノアスタキサンチンの色なんです。

 

アスタリフトホワイトは、あくまで美白系が狙いのラインではありますが、アスタリフトのスキンケアの基本コンセプトとしては、まずはスキンケアをしっかり行って、そこにおプラスして美白もケアする、という感じもありますね。

 

ちなみに、アスタリフトでハリのケアをしたいなら、やはり「ホワイト」のライン(白色の容器)を使うより、アスタリフト「本体」のライン(赤の容器)を使うと良いでしょう。

 

富士フィルム公式の「よくある質問」の中でも、同様の質問があって、以下のような回答がなされています。

 

ハリやたるみが気になる場合は、「アスタリフト」シリーズと「アスタリフト ホワイト」シリーズのどちらがおすすめですか?

ハリやたるみが気になる方や、うるおいを重視したい方には、「アスタリフト」シリーズをおすすめしています。

引用:富士フィルム「よくあるご質問」のページより

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトは、毛穴はどう?

アスタリフトホワイトでは毛穴のケアは可能か?効果はでているか?

 

普段から毛穴の開きや黒ずみが気になっている人にとっては、ちょっと気になるところではありますね。

 

いくつかアスタリフトホワイトのユーザーの毛穴についての声を拾ってみましょう。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

プルプルしててゼリーとかそんな食べ物みたいでおいしそう。冷やしてから夏場に使うと、毛穴が引き締まる気がして良い。保湿される感じはあまりしないのでかなりさっぱり系。乾燥肌の肌質の方には向かないと思う。夏向けって感じの商品だと思います。

女性20代前半(アトピー) ※引用元

 

■美白化粧水「ブライトローション」について

夜、ちょっと肌荒れしてるなぁ?と思っても夜スキンケアして寝れば朝には治ってます!
キメも整って毛穴が少し小さくなってきた感じでお気に入りです。定期便で購入してるので、たまにアイクリームやパックなどのプレゼントがもらえるのも嬉しい!

女性30代前半(普通肌) ※引用元

 

上でも解説していますが、アスタリフトホワイトの各アイテムにもナノアスタキサンチンや各種の保湿成分も入っていいますので、毛穴はもちろんハリやたるみにも何らかの好影響が出てきてもおかしくはないです。

 

ただし、特に変化なし、という声もあるのも事実です。

 

■先行美容液「ジェリーアクアリスタ」について

これは久々ちょっと失敗したなあ、と思いました。
仕上がりも顔がギトギトになってしまい…毛穴とかへの効果もないし不快感がありました。

女性30代前半(混合肌) ※引用元

 

そもそも美白系のケアを主目的にしているアイテムで、毛穴への成果を期待するのもいかがなものか?と思います。

 

毛穴はハリたるみほうれい線といったエイジングケアに関してケアしたい場合は、同じアスタリフトでも「ホワイト」ラインではなく、本体ラインに所属するアイテムを併用することで毛穴もしっかりケアしましょう。

 

 

アスタリフトホワイト くすみ/アスタリフトホワイトの日焼け止めアイテムは?

アスタリフトのUVケアのラインを紹介するバナー

 

アスタリフトホワイトの日焼け止めのアイテムは、どれがおおすすめか気になるところですね。

 

実は、アスタリフトブランドでは、UVケアの各アイテムは「ホワイト」とは別枠で「UVケア」という別のカテゴリーに所属しています。

アスタリフトホワイトやアスタリフト本体のスキンケアアイテムと、このUVケアアイテムを組み合わせてしっかり美肌を作っていきましょう。

 

では以下、アスタリフトブランドのUVケアのアイテムをピックアップしておきますね。

 

【UVクリア美容液 兼 化粧下地】

  • D-UVクリア ホワイトソリューション ← 独自仕様「ストレッチUVシールド」
    <SPF50+・PA++++>
  • D-UVクリア アクアデイセラム ← 独自仕様「モイストアプUVシールド」
    <SPF50+・PA++++>

 

【日中用美容液 兼 化粧下地】

  • UVプロテクター
    <SPF35・PA++++>
  • パーフェクト UVプロテクター
    <SPF50+・PA++++>

 

おすすめとしては、アスタリフトホワイトのトライアルキットに同梱されている日焼け止め兼日中用美容液兼化粧下地として使える高機能の「D-UVクリア ホワイトソリューション(旧名:パーフェクトuvクリアソリューション)」がおすすめです。

 

なぜこれがおすすめかというと、昨今ではDeep紫外線という肌の奥まで当ててくる非常に強力な紫外線が見つかっていますが、まずはこのDeep紫外線をカットするとともに、顔の凸凹に密着したシールドの膜を貼ってしまい、富士フィルムがいうところの“いつの間にか日焼け”の防止を徹底的に行う、というものです。

 

この「D-UVクリア ホワイトソリューション」は上でも解説しましたが、肌くすみの原因となる肌の悪酔いを抑える機能を持つ成分「ナノAMA+」が配合されています。

 

また化粧下地としても機能するように設計されています。

 

日焼け止め、兼、美容液、兼、化粧下地という、とても高機能のアイテムです。

 

アスタリフトの他の3つのUVケアアイテムは、どちらかと言えば日中用美容液として、美容液よりにウエイトをシフトしている作りになっています。

 

いずれにしろこの「D-UVクリア ホワイトソリューション」は日焼け止めとしては非常に協力でパーフェクトといってもいいかもしれません。

 

元々写真のフィルムメーカーとして、おそらく世界屈指で紫外線のことを研究し尽くしているのが富士フィルムです。その富士フィルムが満を持して提供してきているUVケアアイテム、本格的な日差しの季節が来る前に、なにはともあれ一度お試ししてみることをおすすめします。

 

 

まとめ:アスタリフトホワイトのくすみや美白効果について

 

  • アスタリフトホワイトのくすみ対策はとても優秀
  • くすみ対策用の成分は、すべてのアイテムには配合されていない
  • アスタリフトホワイトのシミ対策の武器は「ナノライスクリア(オリザノール乳化物)」という成分、美白美容液「エッセンスインフィルト」にしか配合されていない
  • くすみ対策重視か、シミ対策重視か、で使うべきアイテムが異なる
  • アスタリフトホワイトの理想は、ライン使いの一択

 

このページではアスタリフトホワイトのくすみ対策やシミ対策などの美白系対策とその効果についてまとめてみました。

 

アスタリフトホワイトをリピートしている人の声をみると、決して結果を急がず(急いでもすぐには効果は出ないのがスキンケア)、ならば背景の技術や効能がよく理解できて、使い勝手もいいアスタリフトシリーズで毎日のケアを行おう、といったリラックスした雰囲気が見えてきます。

 

くすみケアには比較的短期でそれなりの変化が導けそうですが、シミへの効果には時間がかかるということは理解しておいてください。

 

 

→ もうアスタリフトホワイトのラインナップは試しましたか?

いまなら格安のお試しトライアルキットが通販で購入できます!

 

「アスタリフトホワイトの公式サイトを見てみる」と表示しているバナー

 

 

 

 

関連情報:【アスタリフトホワイト口コミ】美白効果のいい口コミと評判