アスタリフトホワイト ブライトローションは、お肌のくすみが気になる人にはぜひ使って欲しいアイテムです。

 

 

目 次

開く

アスタリフトホワイト ブライトローション(美白化粧水)の特長を確認!

役割 おすすめ度 口コミの評価点 ライン
@コスメ Amazon 楽天
美白
化粧水

ナノAMA+
4.5
(419件)
3.5
(7件)
4.61
(23件)
AL
表彰歴

【2017年】

MAQUIA 美白・UVグランプリ2017 美白化粧水部門

MAQUIA ベストコスメ2017上半期 新知見・テクノロジー部門  All About ベストコスメ大賞2017上半期「化粧水部門」

voce 2017年上期ベストコスメ 化粧水部門

【2018年】

美的 「美肌」を叶える信頼のアイテムとは?  シミ・くすみに効いたのは?部門

美ST 発表!40代のための「ベストコスメ大賞」!コスパ賞

特徴

【医薬部外品】

  1. 複合成分「ナノAMA+」など、豊富な美容成分を配合
    美白有効成分「アルブチン」、アスタリフト ホワイトシリーズ共通の美容成分「ナノAMA」と、米ぬか由来のポリフェノール「フェルラ酸」を組み合わせた「ナノAMA+」を新配合。
    独自技術でナノ分散した「ナノアスタキサンチン」や「3種のコラーゲン」など豊富な美容成分が肌のすみずみまで浸透

  2. 独自の「ブライトアップテクスチャー」
    複数の美容成分の配合バランスを最適化することで、美容成分が肌のすみずみまで届く浸透感を実現

  3. 使いやすさとデザインにこだわった「スマートレフィル®」の採用
    レフィルを取り換える際に、中身を吸い上げるためのチューブ部分が外部に露出しない構造のレフィル対応容器「スマートレフィル®」を採用。

全成分
(タップすると表示されます)
●医薬部外品としての有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム ●その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、フェルラ酸、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス(1)、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、天然ビタミンE、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、POEメチルグルコシド、BG、PEG1540、エタノール、POE水添ヒマシ油、グリセリルエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、pH調整剤

 

アスタリフトホワイトのトライアルで2番めに使うのが「ブライトローション」です。

 

ラインの中で化粧水の役割を担っているのが「アスタリフトホワイト ブライトローション」、発売当初よりアスタリフトホワイトの人気をリードしてきたアイテムです。

 

現状でこそ後から登場する美容液やクリームに話題性を持っていかれてる感もあり、リアルな各口コミの評価点はそれほど高いわけではないです。

 

ただ、発売以来、その化粧水としての肌の使用感や配合成分の充実度は他社製品と比較しても決して引けを取らないと言っていいでしょう。

 

上表でもまとめていますが、実際に表彰回数も多く、安定した人気をもつアイテムです。

 

注目の配合成分は「ナノAMA+」です。

 

アスタリフト ホワイトシリーズ共通の美容成分「ナノAMA」と、米ぬか由来のポリフェノール「フェルラ酸」を組み合わせた富士フィルム独自の成分です。

 

フェルラ酸は、肌のくすみの原因となっている肌内のアルデヒドの活動を抑制する機能があると言われています。

 

「ナノAMA」はアスタリフトホワイトの美容液「エッセンスインフィルト」にも配合されていますが、「ナノAMA+」つまり“肌酔い”を改善する「フェルラ酸」が配合されているのは化粧水とクリーム、D-UVクリア ホワイトソリューションの3つです。

 

肌に【閉じ込められる立場】にある化粧水の段階で「ナノAMA+」しっかり配合されている、ということが重要なわけですね。

 

 

 

 

アスタリフト ホワイト ブライトローションの口コミと評判をチェック!

アスタリフトホワイトの美白美容液「ブライトローション」についての口コミを紹介します。

 

アットコスメのクチコミ投稿者の評価点平均値は「4.5」となっています。ちょっと辛口ですね。

 

ただ、この「ブライトローション」を使うことで、「肌が明るくなった、トーンアップした、透明感が増した」という声も多く見られます。

 

アスタリフトホワイトのラインの中では「エッセンスインフィルト(美白美容液)」が注目されがちですが、「ブライトローション」や「クリーム」には「エッセンスインフィルト」には配合されていない成分も入っています。(「ナノAMA+」)

 

アスタリフトホワイトとしては、肌のくすみの原因の一つとして“肌の悪酔い”というものに注目して、この対策成分として「フェルラ酸」を使っていますが、「エッセンスインフィルト」にはこの「フェルラ酸」は配合されていません。

 

「ブライトローション」のいい口コミを見ると、この“肌の悪酔い”のくすみ対策としての機能がしっかり働いていると考えて良いでしょう。

 

アットコスメで「ブライトローション」の悪い口コミを見ると、なぜか「ベチャベチャする」という声が見られます。

 

「ブライトローション」に限らずアスタリフトは全般的にナノ化の技術によって浸透性は高いはずなので、本来だったらすぐに浸透してサラッとなる、化粧もしやすい、時短にもなる、というのがアスタリフト全般にいえることです。

なので、美白美容液がベチャベチャしてしまう、という点については背景に何があるのか不明です。

 

他のアイテムとの取り合わせがよろしくない可能性もあると思いますが、口コミからはここまでは判断できません。この点については、このサイトで引き続き調査していきます。

 

また悪い口コミとしては「保湿力が弱い」という声もちらほら見かけました。

 

これも、やはり「ブライトローション」は浸透力が優れたアイテムですので、化粧水が浸透後に「乾いた」と言われても困るところはありますね。ただ、そもそもアスタリフト“ホワイト”は保湿をメインの狙いにしているラインではありません。また保湿に関しては、ニーズも様々、季節や気候によっても評価は変わると思います。

 

保湿を目指すのであれば「アスタリフトホワイト」とりも「アスタリフト」本体のラインのほうがおすすめです。

 

アスタリフト ホワイト ブライトローションの「悪い口コミ」を確認

「ブライトローション」の購入者で「悪い口コミ」の例です。

シミに悩み思い切って8月からラインで使いましたがさっぱり系が大好きな私には基本的に合いませんでした 真夏の為かとにかくベタベタヌルヌル顔も手もベタベタするばかりでいつまでも浸透しませんでした 兎に角早く無くなって欲しいと思えるくらいでした

・・・

しっとりが好きな方には会うのかもわかりませんがいつまでもベタベタして潤っているとはいえずガッカリしました

【50代後半・混合肌】
引用元はこちら

 

トライアルセット使用です
前日までエクセルーラをライン使いしていたので美白をしたくて、まず試しました

保湿なし
表面でペタペタするだけ
突っ張り感

【30代後半・敏感肌】
引用元はこちら

 

続いて「ブライトローション」の購入者で「いい口コミ」の例です。

 

アスタリフト ホワイト ブライトローションの「いい口コミ」を確認

リピ購入中。

出来てるシミが無くなる事は残念ながら無いが(でも薄くなってます。私はライン使いをしていてシミには美白美容液がオススメ)確実に肌はトーンアップしてるし、ほぼ毎日公園遊びに付き合ってるのに悪化してない。

・・・

美容皮膚科(肝斑の相談をしに行ってみた)で肌の断面コラーゲン数値を測って貰ったら100だったので、ビックリされました。

【30代後半・敏感肌】
引用元はこちら

 

とろみのないテクスチャーでばしゃばしゃっと使いたくなりますね。香りもおなじみのダマスクローズで、癒しの香りだから、使っていて気持ちが良いのです。

・・・

もう1本は使いきってしまって、2本目もほぼ終わりかけですが、やっぱり肌のトーンアップには効果的だった感じがします。

【40代前半・乾燥肌】
引用元はこちら

 

40歳を越えて、肌に潤いがなくなったので新しい化粧品を探していました。
ちょうど夏場だったので美白機能も欲しかったので、購入しました。

・・・

使い心地は少ししっとりしていましたが、お肌にのせると驚くほど早く浸透しました。
色は赤色で、こっくりとしたテクチャーです。
使用し始めて2カ月が過ぎましたが、お肌にはりがでてきました。
また日焼けをしてしまってもお肌が赤くならず、回復がとても早くなりました。
エイジングケアと美白が両方同時にできるので、お勧めです。

【40代前半・混合肌】
引用元はこちら

 

今回、いろんな口コミをチェックしていて思いましたが、化粧水というものはなかなかつらい立場にあるな、という気がしています。

 

肌の水分補給ならミネラルウォーターでもいいだろう、ぐらいのことを言う人もいるし、化粧水は実際にバシャバシャ使いますのでできるだけコストを抑えたい、という意識がのしかかるアイテムです。格安のハトムギ化粧水の大きいボトルが売れているのもうなずけますね。

 

また、化粧水だけでスキンケアを終える人はまずいませんので、必ず他のアイテムと合わせて使いますので単体としての評価がしにくいところがありますね。

 

ただアスタリフトホワイトの一連のスキンケアの流れの中で、“閉じ込められる立場”にある「ブライトローション」が欠けてしまうと、せっかくのアスタリフトホワイトの美白パワーも減ってしまうだろうと考えます。

 

まずアスタリフトホワイトの購入に際し、まず考えてほしいことは、いかに富士フィルムの世界最先端の技術を自分の肌に導入するか?ということだと思います。

 

単品使いだと、ちょっともったいないな、というのがアスタリフトホワイトです。

 

まずはアスタリフトホワイトの“商品設計”に乗って、ライン使いを試してみることをおすすめします。

 

→ アスタリフトホワイトの美白トライアルキット

 

 

アスタリフトホワイト ブライトローションの販売ショップと実勢価格をチェック!

アスタリフトホワイト「ブライトローション」の販売ショップと実勢価格

 

定価

(送料400円込)

公式

定期購入(10%off、送料300円)※~最大15%off

Amazon 楽天市場

Yahoo!

ショッピング

マツモトキヨシ

ネット通販

本品 4,580円 4,062円 3,753円 3,838円 3,977円 4,138円

レフィル

4,140円 3,666円 3,574円 3,447円 3,574円 3,702円

※2020年2月中旬調べ、税込価格

※公式定期購入の割引は1回のみでも適用可

※送料とポイントバックも含めて算出

※「レフィル」=詰替え用

※一部、並行輸入品が混ざっている可能性もあります

 

アスタリフトホワイト「ブライトローション」の販売ショップと実勢価格について、です。

 

ブライトローションに関しては、唯一公式ショップの定期購入の販売価格が最安だったのですが、公式ショップは5,000円以下の買い物には送料がかかってしまいますので、単品のみを買うなら、どうしてもその分は高めになってしまいますね。

 

で、送料やポイントバックも考慮すれば、「ブライトローション」は楽天が最も安く購入できます。

 

本体だけでなく、詰替え用のレフィルも同様です。